「第9回日比谷公園ガーデニングショウ」特別講演会午後の部は、
株式会社モス山形の山本正幸社長に、コケについてお話をしていただきました。

都市の緑化に適しており、水をあげなくても仮死状態で生き続け、ほんの少しの水で緑色に復活することができるというコケに、トピアリーのさらなる進化の可能性をみつけることができた気がします。
また、休耕田の活性化にコケ栽培を!と地元の活性化に取り組む
山本社長の姿勢に感動しました。

トピアリーの新しいカテゴリー「モスアート」の実現も近い?

おすすめの記事