全国で緊急事態宣言が解除されてから早ひと月。コロナ前と同じ日常は戻ってきませんが、“新しい生活様式”にも少しずつ慣れ、“新しい日常”が動き出しています。ステイホーム期間中に、普段はなかなかできないことをされた方も多いようですが、当協会インストラクターも、新しいチャレンジをしたり、お家でトピアリーを楽しんだり、充実した“充電期間”を過ごしたようです☺

長野県在住のインストラクター小林重也さん(4期生)から寄せられたのは、大きな猫ちゃんの写真!ゴールドクレスト・ウィルマを数本仕入れたところ、樹形が乱れているものがあったため、以前制作してあった高さおよそ150センチのフレームに合わせてみたそうです。結果は…猫の毛並みが表現できて、とても可愛く仕上がりました!ただ、ウィルマは切り口が茶色く変色しがちな性質があるため、その対処法が今後の課題になりそうです。

おしゃれなベランダガーデンの写真を寄せてくださったのは、福岡県在住で今年インストラクターに認定された、岩元敬子さん(8期生)。ステイホーム中は、寄せ植えなどを楽しんでいたそうです。ゴールドクレスト・ウィルマのスパイラルトピアリーはインストラクター養成講座で製作した刈り込みトピアリー。リースや寄せ植えと上手に組み合わせて、気分が明るくなるような素敵な空間に仕上がっていますね!

おすすめの記事